urashimamama次男 高校はどこに入学?

1月以来のすごーく久しぶりの投稿です。

次男の高校受験について
今回の通塾はサピックスは選らばなかったところまではお話ししました。
で、次はどこの塾にしたかについて書こう…と思っていたら
urashimamamaとしては想定外の早いタイミングで
次男の受験が不安で何も手に着かないモードになり、
次の記事を書けないまま受験に突入。

どうにか受験は無事に終わりましたが、
そうこうしているうちに新型コロナウィルスのことで
さらに気持ちの余裕が無くなり…今に至ります。

次男の通塾生活のことやら、今回の受験で感じたいろいろについて書きたいとは思いますが
書くのに間が空いちゃったので、
まずは次男の結果から。

urashimamama次男は川和高校に入学が決まりました。

今回の次男の受験は長男とは違うアプローチで公立を第一志望に。
兄の母校である慶應義塾高校は、受験しませんでした。

当初、次男は横浜翠嵐高校を志望。
入塾が遅かったことと、次男の呑気な性格が災いし
出遅れた分を取り戻すのに思いの外時間がかかりましたが
中3夏から成績は順調に推移。
このまま行けば翠嵐は順当に受かるでしょう!
と言われていましたが…。
受験直前になったところで、
どうも緊張すると、模試で何かしらやらかしては失敗したりと
成績乱高下!(>_<)
上と下のどっちの成績で合否を判断すればいいのか分からない状態に…汗
(それでブログ書いてる場合じゃなくなりました!)

こんなんで当日やらかしたらどうする…!?
本当に受かるのか!?!?(@_@。

出願当初
横浜翠嵐高校に出願しましたが
その後もギリギリまで悩んで悩んで
塾の先生ともよくよく相談。
横浜翠嵐にチャレンジして結果併願私立校に進学することになるよりは
次男には公立の方がいい!
私立より公立の方が合ってる!
と、安全策を取ろうということに。
で、志願変更をかけて川和高校を受験することにしました。

横浜翠嵐から川和高校に志願変更。

ちょっと残念に見えるかもしれませんが、
しかしこの志願変更、
意外にも失意の中で泣く泣く…というわけではありませんでした。

泣く泣く、どころではなく、
…あれ?
ちょっまっ…!?
え…?
よーーーく考えると
実はこっちの方がいいんじゃね?
これまでずっと偏差値やら学校ランクのことばっか考えてたけど、
次男にはこっちの方が合ってる?
川和の方がウチから通いやすいし?
…と。
はたと我に返って冷静になることができたという感じでした。

さらに、次男の仲良しが2人も川和高校が本命だという情報も入り…。

えーっっ!?
なになにっ!?
なら、こっちの方が全然いいじゃん!
よし!
もうそうしよっ!そうしよっ!
川和にしよう!
川和だ!
川和に決めーーーっっっ!!!

とスッパリ方向転換。

urashimamama、元々脳天気で決めた後はクヨクヨしないタイプですが
川和志望にしたらしたで
すっかり気持ちが切り替わっちゃって
翠嵐を諦めたことへの悔しさはほぼゼロ。
そんなことよりも、
むやみやたらに横浜翠嵐に突撃しなくてよかったよ!
そんなことして結局併願私立になっちゃった方が恐ろしいよ!
そんなことになっちゃったら親子共にズタボロだよぉ~。
と、ホッと胸をなで下ろすことができたことの方が大きかったです。

恐らく次男もそんな感じだったみたいで。
志願変更した途端に次男の成績も戻り安定。

試験当日もリラックスした状態で臨むことができたようです。
公立の共通選抜の得点結果は、
筆記5科目は451/500点。
特色検査は50/100点。

この点数だったら横浜翠嵐高校もどうにかなってたかも?
とも考えられますが、
もう、そんなのどうでもいい!
友達がいること、近いことには代えられない!
この点数もプレッシャーから解放されたおかげでもありますしね。

で、おかげさまで無事に川和高校に合格することができました。
仲良し2人も無事合格。
他にも同じ中学からの進学者多数。
その殆どが同じ小学校出身。
ということはご近所さん多数。
urashimamamaが知っているママ多数!

…なんだ、こっちの方がいいことづくめじゃん!

おかげ様で
urashimamama家としては満足&安心の結果となりました。