urashimamamaの子育てブログ

中学受験・高校受験について考える

新型コロナで臨時休校 川和高校の対応は?

calendar

reload

新型コロナで臨時休校 川和高校の対応は?

緊急事態宣言により全国の学校は5月6日まで休校となっていますが、
次男の入学した川和高校の対応について、入試~4月までの様子を書いてきます。

神奈川の公立高校の受験はどうだった?

神奈川県の公立入試は

  • 2月14日が5教科
  • 17日に特色検査
  • 18,19日が面接

というスケジュール。
合格発表は2月28日が合格発表でした。

入試を行ってる頃はコロナ禍もダイヤモンド・プリンセスで下船を始めるかどうかの頃。
首都圏の一斉休校も3月からだったので、ギリギリセーフという感じで終わりました。

入学手続きは?

入学手続きは、3月5日、6日の2日間。
予定通り行われました。

3月5日は合格通知書番号順に受付時間帯が分けられ、6日はいわば予備日。
これは元々からの運用。
混雑のリスクは少ないため予定通りということでしょう。

実際に行ってみると、次々と各種書類を提出していくだけなのでサクサクと、所要時間10分前後で終了。

入学者説明会はどうなった?

入学者説明会は3月12日開催。
入学手続きの際に説明を受け取りつつ文書を受け取りましたが、入学者説明会そのものは取りやめ。
3月12日当日は、

  • 入学説明会資料の配布
  • 教科書販売
  • 体操服の予約のみ

となりました。
さらに密集を避けるため、集合時間を出身中学の地域ごとに分けて行いました。

3月12日当日に行くと、
体育館前に受付が設置されていて(屋外)、そこで必要書類を提出&説明会資料を受け取り。
この資料を各自熟読して入学準備を進めてねという感じ。
その後、体育館で教科書販売、校舎に移動し体操服の採寸と予約をして終了。
所要時間は1時間弱。

説明会資料には、春休みの課題について記載されていました。

これは、特別にコロナ対応というわけではなく例年通りのもの。
神奈川のSSKH(=湘南、翠嵐、川和、柏陽)と呼ばれる進学校は
入学前に沢山の宿題が出るのがお約束だそうです。

課題は英数国の3科目。
課題内容は中学の総復習と高校内容の予習。
提出期限は入学式の次の日。

4月最終週にはさっそく校内模試がある予定です。



 

入学式は?

入学式は4月7日。
入学者説明会で受け取った書類に入学式の開催方法についての指示が。

4月7日の入学式も、在校生、保護者、来賓無しとなりました。

もうすでに中学校の卒業式も無観客でしたし、
世の中的にも危機感高まってきていたので当然だよねと受けとめ。

この入学式の件、
当初聞いた時は、
それならまあ安心ね…くらいな感じでした。

しかし、その後国内の感染状況はジワジワと広がり、段々と深刻化。
3月末には春休みの延長が決定されました。

…ってことは、入学式に子どもを送り出すこと自体も大丈夫?と少し不安に…。
でも学校とのつながりはまだ何も無いから行くしかないよね。
短時間で終わりだよね…(*_*;
と心配ながらも送り出しました。

入学式は体育館で席の間隔を空けて執り行われたそうです。
10時スタートで11時過ぎには終了。
その場で解散。
自分の教室には行けず。
再び休校になるため、上履きも持ち帰ってきました。

ちょっと淋しいですが、仕方無いね…。

春休み中の課題提出は?

春休み中の課題は、本来は入学式の次の日に提出でした。
入学式以降も休校なので春休みの課題は今日提出かな?と、
次男は入学式当日に課題を持参して行きましたが課題提出は無しでした。

その後の休校中の課題は?

入学式の日に、休校期間中の更なる課題リストを持ち帰ってきました。

課題締切は、4月17日の登校日まで。
登校日は、出席番号中に時間帯を分けての登校です。

…しかし、その登校日も4月7日に発令された緊急事態宣言でキャンセルとなりました。

 

緊急事態宣言後は

学校HPと校内一斉メールで登校日の取りやめと5月6日まで休校延長の通知を受けました。

そして今後の学習活動のために、課題を配信するGoogleアカウントを設定するとのこと。
アカウント設定次第アドレスを郵送すると。

Googleアカウントに提示された課題は?

Googleアカウントは4月18日に到着。
すぐに登録しましたが、各教科の課題が何日かおきに次々と来ています。

科目は主要科目だけでなく保健体育などの副教科も。
提出期限も学校開始後でなく
4月中にオンライン上での提出もあるみたい。
子どもがダレないように、いろいろ工夫してくださっている模様です。

横浜翠嵐高校に次いで川和高校も大学受験に対して意識が高くなっていると聞いていましたが、
公立高校にしてはかなりきめ細かいのではと。

私立の中高一貫校と違って
公立校はオンライン授業の実現は難しいだろうなあ、不利だなあと思っていましたが、
その分いろいろと工夫して下さっているなあと。
ありがたいです。

しかし、入学してからまだクラスメイトとも会えてない状態。
部活も選べてないし。

一日も早くこの状態が収束することを願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事をシェアする

folder 慶應義塾大学

コロナ対応 慶應義塾大学は?
more...