urashimamamaの子育てブログ

中学受験・高校受験について考える

高校受験直前!1月の最後の追い込みでするべきことは?

calendar

reload

いよいよ1月となると受験直前。受験生ご本人も、ご家族の皆さまも、いよいよ緊張感が高まってきていることでしょう。

中3の1月、当時のUrashimamama長男は、やっと受験モードにスイッチが入った状況でした。残された時間はあとわずかです。限られた時間の中で、urashimamama長男はどのように受験勉強に取り組んでいったのか? 長男にインタビューしてみました。

受験直前期は、とにかく過去問!

偏差値60クラスの高校の過去問を毎日解く!

毎日必ず過去問を解いていました。筑駒、開成、早慶、学芸、お茶ノ水…志望校をはじめ、志望校と同レベルの学校の過去問を、とにかく毎日、手当たり次第に片っ端から解いていたと言っています。

“電話帳”も大いに活用

“電話帳”とは、サピックス生が購入必須となっている問題集、『全国高校入試問題正解』(旺文社)のこと。各都道府県の公立校、国立、一部の私立の、前年度の入試問題が掲載されているものです。分厚いので“電話帳”と言われています。

“電話帳”の公立高校の共通試験問題は、urashimamama長男を始めとする、サピックス上位クラスのメンバーにとっては少々難易度低めではあります。しかし、基本的な問題、パターン化された問題を、ミスなく反射的に解けるようになる訓練に使用するのに大変役立ったそうです。

 

各科目の取り組み方

国語

古典の文法など、知識系の“詰め込み直し”を集中的にしていました。

国語の担当の先生が、普段から授業でセクションが終了するごとに配布して下さっていた『まとめプリント』を活用。「これさえ見ればバッチリ」なレベルに、そのプリントに覚えるべきことが見事に集約されていて大変有効だったとか。そのプリント全てに目を通し、覚え切れてないものを洗い出して覚えなおしをしていたそうです。

読解については、この時期まで来たら読解に時間をかけても仕方がないと考え(やったところでまんまその文章が出るはずないし)、自主学習はしなかったそうです。塾の授業で行われる読解問題を実践練習と捉えて取り組んでいました。

数学

志望校の過去問を解いてノートを見直す。

英語

urashimamama長男が最も出遅れていた科目です。暗記が嫌いな長男は、英語が苦手!と自他共に認めていましたが、ここでやーーーーっと英語と正面から向き合いました。1月で1番時間を費やしたのは英語でした。

12月以降の取り組みは、過去問の長文読解を片っ端から読んでいたそうです。過去問を問1から順番に最後まで通しで解くのではなく、長文をピックアップして解いていたそうです。文章の長さにもよりますが10~20分の時間制限を設定して。1つの長文を解いては答え合わせをする、という方式で。

単語は、単語だけ単独で覚えていくのではなく、長文を読むことによってインプットした方が効果的とのこと。文章テーマのジャンルによって、似たような語彙を使うし、文体、文章構成もパターンがあるし…ということで、文章を読みこなす中で語彙をインプットしていったそうです。

理科

理科は得意だったので見直す程度。志望校の過去問を解いてはノートを見直していました。

社会

サピックスの教材、『アシスト』を活用。アシストの最後のページに知識系の一問一答形式の練習問題がまとまっていて、それが暗記チェックにかなり役立ったそうです。1門1答形式。その問題を解いて覚えていった。

まとめ

1月以降の受験直前期の学習方法は、どの科目も過去問が中心でした。

  1. 過去問を解く
  2. 答え合わせをする
  3. 解答できなかった部分を復習する

の行程をとにかく、とにかく繰り返し、毎日毎日行っていたそうです。

効果はあったか?

英語は高得点をマーク

urashimamama長男、英語にやっと向き合えたおかげ!? 受験期には、なんだかミョーに英語が強い状態になっていました。一番最初に受験した西大和学園の入試では合否結果と共に得点数も開示して下さいますが、英語は合格者平均を10点以上上回り、“英語を武器に圧勝”という形で見事合格しました。なぜか英語がトップ。

サピックスの先生方、特に英語の先生には「あれ? 君は、英語が苦手だったんじゃあ??」と言われたそうです。もちろんurashimamamaも。点数開示を見て拍子抜けしました。じゃあ最初からやればいいのにさぁ!(-_-) それくらい、周りの大人は、urashimamama長男は英語で負けるのではと心配していたのです…。

社会は、いまいち間に合わず…

一方で、社会はさすがに「時間が足りなかった」との感想。社会は得意科目でしたが、とはいえ社会は英語以上に暗記第一の科目。周りから遅れを取った状態で、12月からの暗記の総ざらい&更に詳細暗記をするには、さすがにキツかったようです。

今振り返っても、筑駒不合格の最大の原因は社会が完成しきれなかったせいだと言っています。社会の試験が唯一「覚えてない」と思って書けない部分があったと言っていますから。

やはり大量暗記となると12月からは無茶だったみたいですねえ。

受験生の皆さま、直前期はとにかく過去問で完成度を高めましょう! ご健闘をお祈り申し上げます。

folder 三人兄弟って

No Image

more...