urashimamamaの子育てブログ

中学受験・高校受験について考える

urashimamama長男 中3最後のサピックスオープンの偏差値はどうだった?

calendar

reload

12月に入りました。いよいよ受験シーズンですね。

中3の皆さまは内申点が確定し、志望校決定のための個人面談を担任と行っていることでしょう。毎月のように受けていた模擬試験も年内までで全て終了です。

最後の模試は、これまでの頑張りの成果として、最も高い偏差値を叩き出してほしい。有終の美を飾って欲しいと思うのが人情だと思います。少なくとも親としては。

ところが、世の中そう上手くはいかないみたいです。少なくともurashimamama長男の場合は。

urashimamama長男、何か恨みでもあるのか? 敢えて狙ったのか? 最後の最後に、よりによって、中学校の3年間で最も低~~~い偏差値を叩き出してくれましたっ!!

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

またしてもやってくれたぜ、urashimamama長男! 中学受験で懲りたわけじゃなかったんだなぁぁぁ~~~(>_<)

当時のことを思い出してみます(^_^;)

urashimamama長男 中3夏までのサピックス偏差値の推移

長男は中1~中3前半までのサピックスオープンの偏差値は、61.0~63.0で推移していました。

サピックス偏差値は他塾の偏差値よりマイナス10程度低い数値で出ると言われます。なので、一般的な偏差値としては、71~73くらい。

この程度の偏差値、どう評価されるかというと、

  • 都立・県立は心配なし。
  • 早慶レベルの私立もほぼ安心。
  • 開成・筑駒レベルも射程範囲内。必勝のためには65.0目指しましょう。

という感じです。実際に模試を受けるたびにそんな感じの “占い結果”(=合格可能性)が出ていました

中3夏期講習の頃の長男の様子

もともとのん気な性格の長男ですが、これまでの順調な偏差値的にすっかり安心しきっているのか? 中3夏になっても受験に向けてのエンジンが全然かかりませんでした。

夏期講習の最中もサピックスの先生方に「まだ目の色が変わってないの、○○(長男の名前)だけだぞ~」といつも言われていました。個人面談も常にお説教。先生方、相当ヤキモキされていたのだと思います。

しかし長男、何を言われようと、ホントーに“暖簾に腕押し”。

一応先生に説教を受けているときは、「分かりました」と、素直&真面目に返事だけはしますが、そんなのぜーんぜんその場だけ。凹むこともないけど、反省もなし。相変わらず塾に出かける直前にならないと宿題やらないし、勉強よりもゲーム、マンガ、アニメ優先。ふっと友達と自転車で遊びに行っちゃうし。

長男はB型典型のマイペース。幼い頃から周りに翻弄されることがなかったので、それについてはエライなあと感心していましたが…。 でもなんで、ここまでのん気でいられるのか…??? (・_・;)

中3 夏休み明けのサピックスオープン 結果は…?

周りは本気モードの中、相変わらずのんびりの長男。こんな調子ならきっと失速する。9月のサピックスオープンは難しいだろうなあと思っていました。

しかし! どうしたことか!? 長男は、夏期講習後サピックスオープンでは63.9と、これまでの中でも最も高い部類の偏差値を叩き出しました。一体、どういうこと!?

長男はきっと「ほーら、別に大丈夫じゃん、オレ♪」と天狗になっていでしょうね。

結果はある程度取れているので、サピックスの先生方も、urashimamamaもそれ以上強くは言えませんでした。「今回しのげたけど油断大敵よ~」くらいは言いましたが。そんなの長男にとってはほとんど意味ないですね。

11月最後のサピックスオープンの結果

そして、そして11月最後のサピックスオープン。そこでとうとう…やらかしましたっ! (>_<)

これまでの3年間で最も低い偏差値、53.8をマークしましたあ! 前回の63.9から、なんと10.1ポイント急降下です!

これまでのツケが回ってきたのでしょうが…よりによってこんな差し迫った時期に、どうしてこーなるかなあ!?

これじゃあ、まるでバンジージャンプじゃんかぁっ!! どーすんのさぁ!?

\(◎o◎)/!

urashimamama、絶句。目が点になるばかりでした。

模試は年内で終わってしまいますが、まだこの時期、必ずしも成績が安定するわけではないみたいです…(;_:)

 

folder 三人兄弟って

No Image

more...