urashimamamaの子育てブログ

中学受験・高校受験について考える

慶應義塾高校入学式  母の服装はどんな感じ?

calendar

reload

入学式で気になるのは母の服装

慶應に入ると決まって、まず気になったのは、入学式の母の服装。どんな色調の、どんなタイプのスーツを着て出席するべきかでした。

慶應と言えば小学校ではお受験の最高峰。保護者会にはバッチリスーツで決めてくるイメージがあります。高校は、幼稚舎ほどではないとしても、ある程度その雰囲気は引っ張るだろうと予想されます。新参者としては皆さんどんな雰囲気の装いをされているかが不安。新入りで分ってないとはいえ、皆さんの暗黙のルールから逸脱し浮いてしまうのもちょっと…と気になりました。

入学式はダーク基調らしい?

ちょうど学生時代からの友人で娘を慶應女子に入れているママがいたので、さっそく聞いてみました。そのママ、元々紺のスーツを持っていたので紺のスーツで通しているとのこと。でも新しく買うなら黒だよ、とのこと。しかし塾高は1学年700人もいるマンモス校。多少、違う服装をしていても全然気にならないのでは? とのことでした。

また、お子さんが塾高OBだという知人にも聞いてみました。入学式は皆揃ってダーク系。白は浮くよとのことでした。一般的にも高等教育になるに従い、入学式のスーツもパステル調よりダークカラーになっていく傾向がみられるので、慶應が特別というよりは、そんなものなのだろうなあと納得しました。

セレクトした服装は?

私の手持ちの黒系のスーツはノーカラーのツイードジャケットとシフォン系のスカートのアンサンブル。いわゆるお受験スーツのテーラードのジャケットでカチッとしたイメージよりは少しユルいイメージのスーツなので大丈夫かな?と少し気になりましたが、確かに友人の言う通り生徒は700人いるし、入学式では子供とは完全に離れた場所にいます。誰が誰の親とか、全然分からないだろうし、もし気になるようならコートを羽織ってしまえばいいや(^_^;)、とわざわざ購入しないことにしました。そしてこの場だけのセレモニー服を購入するよりは、保護者会の服を考えよう。そのためにも入学式で全体の様子をみようと思いました。

入学式当日の服装の様子は…

当日会場に行ってみると、確かに全体的に皆さんダークな色調でした。中にはオフホワイトや水色系のパステルカラーのスーツの方もいましたが、かなり少数派。生徒700人の保護者、両親、祖父母揃って出席の方々もいましたから、総勢1500人前後いたと思います。その全体人数のうち白やパステル系のスーツは10人いたかなあという感じ。ごく少数でした。

しかし! だからといって、ここまでの大人数です。もう今さら浮いてるかどうかなんて気ならないほど大勢すぎる。誰も他の人の服装など全く気にしちゃいない感じでした。

また、ダーク系のスーツと行っても黒で統一ということもなく、紺系ももちろん多数。スーツのタイプもテーラードでカチッとしたタイプだけではなく、ノーカラ―のジャケット、ワンピースの方と、もうそれこそ様々。紺系、黒系ならどんなタイプのスーツでも全然OKという感じでした。

ただ、気になったのは、コートだけは皆さん揃って黒か紺だったということ! 私は、ブラウン系のトレンチコートでしたが、皆さんコートまでダーク系に統一。オフホワイト、パステル系のスーツと同じくらいの極小の比率でブラウン系のコートはチラホラでした。でもまあ、いずれにせよ誰が何色のコートかなんて誰も気にしない感じでした。気になったのは、自分自身がそうだったからだけかなあ。少数派になったから自意識過剰になっちゃうだけというか。それにコートは会場を出てからだけのことですし、気になるとしてもほんの一時です。この入学式のために春コート、トレンチコートを購入される予定なら紺か黒にしておいた方がいいと思います。

いずれにせよ、高校になってしまえば、親が学校に行く機会は年に2回の保護者会以外ほとんどなく保護者は誰が誰だか基本的には分らないままの状態です。ママ友作りに頑張る必要もなく、いい意味で割り切った環境です。従って多少「浮いてた?」と、気になる服装だったとしても、よほど場違いな格好で無い限り、その場のことだけ、自分が気になるだけのこと。過度に気にすることはないと思われます。

私と同様、塾高から慶應デビューのママさん達、昨年の私の入学式での全体の印象はこんな感じでした。気負わずに入学式に出席して下さいね。

/center>

folder 三人兄弟って

No Image

more...